サラリーマン生活からの脱出 40歳セミリタイアを目指して

40歳でのセミリタイアを目指しています。セミリタイア関連情報(収入、支出、投資etc)について綴っています

MENU

読書感想「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法」

昨年の年末にふるさと納税楽天経由でいくつか頼んでいたせいか、幸運にも楽天ポイントが2000ポイント程度貯まっていましたので、FIREに関する電子書籍を購入してみました。

 

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法【電子書籍】[ 穂高唯希 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法【電子書籍】[ 穂高唯希 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア

著者の方は日本でのFIREムーブメントのパイオニアの方だそうです。

 

一通り読み通した感想として、後半の具体的な投資法の中身よりも、前半の
「そもそもなぜFIREを目指すのか?」という点が強く印象に残りました。

 

何時に起き、何時にどこに行き、何時まで何をし、
何時に帰り、そもそもどこに住むのか。
これらをすべて自分で決めたかった。

 

この言葉に強く共感しています。

 

読んでいて、自分自身の我の強さに気付かされました。
自分は人に遠慮しがちなタイプであると思いこんでいたのですが、
他人に自分をコントロールされたくない、という強い思いが自分の中にあったのだということを、今さらですがはっきりと認識しました。

 

著者の方は自身が勤めていた会社を「豚舎」と表現していました。

 

私が所属している組織は、「豚舎」とまでは思いませんが、他人を強くコントロールしたいタイプの人が組織の上部に居り、閉塞感のある組織になってしまったように感じています。
王様が裸であると言う事が許されず、「素晴らしいお召し物です!」と言うことを強要される。そのような組織になってしまったと感じています。

 

このような組織の雰囲気に、自由を求める自分が耐えられなくなってきていたのだ、と認識できました。

 

なぜ今の会社で働いているのか?
なぜその会社に入ろうと思ったのか?

本書の中での問いかけに、私には明確に答えられませんでした。


就職活動をしていた当時を思い返しても、「なんとなく安定していそうだったから」という理由しか思いつきませんでした。

 

そして、今自分が会社で働く理由は「生活費を稼ぐ手段を得るため」というものでしかありません。そうであるとしたら、生活費を賄う手段が他に出来てしまえば、もはや会社で働く理由は無くなります。

 

自分がなぜFIREを達成したいのかについて、新しい気付きを得ることができました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村